メニュー

院長ブログ

冷え対策 その⑥上熱下寒型(2021.01.08更新)

こんにちは院長の面家です。

 

今日は冷え対策の第6弾「上熱下寒型の冷え」について解説します。

 

どうですか?思い当たるところはありますか?

こういうタイプの方は桂枝茯苓丸のような「桂枝」と呼ばれる生薬が入った漢方が有効です。顔などが火照っているのに、足が冷えてしまうタイプです。足湯や下半身浴なども良いですよ。

 

お子さんの受診の際にこういったお困りがあるようでしたら気軽にご相談ください。ご希望の際はカルテ作成が必要ですので、チェックイン電話のときなどにお声掛けください。もちろん初診でもweb予約も可能です。

 

では

 

LINEお友達登録こちら

クリニックのFacebookページこちら

クリニックのInstagramこちら

 

(参考資料:「冷え改善のススメ:株式会社ツムラ」を参考にし、一部引用改変しております)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME