メニュー

ご挨拶

面家健太郎

私は小学校の頃にアレルギーで通院していたかかりつけの小児科医に憧れ、医師を志し、地元に貢献すべく岐阜大学医学部に入学しました。その際、粟野に住むおばの家に下宿し、医師としての第一歩を踏み出しました。
 
岐阜大学に卒業後、当初の希望通り、岐阜大学小児科に所属し、大学病院で勤務、大学院ではアレルギー・免疫の調節因子についての研究を行いました。
 
臨床医としてこどもたちを救いたいという思いは強くなり、小児医療の最重症分野の一つである、小児心臓病を学ぶために大阪の国立循環器病センター(現:国立循環器病研究センター)で研修し、引き続き前任地である岐阜県総合医療センターで岐阜県から愛知県・滋賀県を含む広域の患者さんの健康を守るべく邁進して参りました。
 
岐阜県総合医療センターでは特に成育医療と小児集中治療について研鑽を積みました。一般に小児期から成人期への移行という成育医療が問題になりますが、胎児から小児期、そして青年期、成人期を含む、患者さんの人生に並走すべく、小児循環器だけの専門医ではなく、胎児心エコー(学会評議員)から成人循環器(循環器専門医)まで研修し、真のかかりつけ医となることを目指しました。また小児集中治療室勤務も併任し、最重症なお子さんたちの診療を行ってきました。
 
これらの経験を通して、病気の早期発見、そして病気にならない予防医学の重要性を再認識し、クリニックの医師としてより地域のこどもたちと近い場所でその健康を守り、保護者の方々の不安を少しでも減らすことを目指し、自分の第2の故郷といえる、この粟野の地にクリニックを開設することとしました。
 
私たちは地域のこどもたち・ご家族のために予防、体調不良の早期発見、早期対策を目指しています。「こんな簡単なことでかかって良かったかな?」なんて気にせずに受診してください。また小児循環器・小児集中治療の現場で働いていた経験を活かし、慢性疾患を背景に持つ患者さんが遠くの専門施設に通いにくい場合にはその地域医療としてのサポートを行っていきたいと考えております。
 
地域の方々とともにこどもたちの笑顔を守るため邁進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 面家健太郎(おもやけんたろう)

略歴

2000年 岐阜大学医学部医学科卒業
2000年 岐阜大学医学部附属病院小児科入局
岐阜大学大学院医学系研究科内科系専攻小児科学入学
2004年 独立行政法人国立病院機構豊橋東病院小児科医員
岐阜大学医学部附属病院小児科医員
2005年 岐阜大学大学院医学研究科内科系専攻小児科学卒業(医学博士)
2006年 国立循環器病センター小児科(レジデント)
2008年 岐阜県総合医療センター小児循環器科
2010年 岐阜県総合医療センター小児循環器科医長および成人先天性心疾患診療科医長
2018年 岐阜県総合医療センター小児集中治療室部長心得

資格・所属学会

資格

  • 医学博士
  • 日本小児科学会専門医・指導医
  • 日本小児循環器学会専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心エコー図学会SHD心エコー図認証医制度認証医
  • 日本胎児心臓病学会評議員
  • 岐阜大学医学部小児科非常勤講師
  • 臨床研修指導医
  • 岐阜県医師会心電図解析委員

 所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児循環器学会
  • 日本循環器学会
  • 日本成人先天性心疾患学会
  • 日本胎児心臓病学会
  • 日本川崎病学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本超音波学会
  • 日本心エコー図学会
  • 日本心臓核医学学会
  • 日本Pediatric Interventional Cardiology学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本夜尿症学会
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME