メニュー

お子様の心疾患

下記の心疾患について診療を行っております。

病気の種類によっては岐阜県総合医療センターを始めとした病院と連携して診療を行います。

 

1) 先天性心疾患

心房中隔欠損心室中隔欠損、卵円孔開存、動脈管開存、共通房室弁口(房室中隔欠損、心内膜症欠損)、ファロー四徴、両大血管右室起始、肺動脈狭窄、肺動脈閉鎖、単心室症(三尖弁閉鎖、左心低形成症候群など)などの診断、治療を行います。

 

2) 川崎病

発熱のある急性期は病院での診療が中心となりますが、その後の後遺障害評価としての心エコー評価、不整脈評価などを担当します。

 

3) 不整脈

学校健診などで心電図異常や脈拍異常を指摘された方の診断を行います。また、心房性期外収縮、心房頻拍、心室性期外収縮、WPW症候群、QT延長症候群、Brugada症候群などの治療を行います。

 

4) 心雑音

乳児健診や学校検診などで心雑音を指摘された場合などに、心エコー検査を中心とした検査を行い、病気の有無について評価します。小児の場合、無害性心雑音・機能性雑音(無害なもの)も存在し、病気と判断に悩むことは少なくありません。お気軽にご相談ください。

 

5) 肺高血圧

特発性肺高血圧、二次性肺高血圧などの診断、治療を県総合医療センターと連携し診療を行います。

 

6) 成人先天性心疾患

先天性心疾患を有して成人期に達した場合を成人先天性心疾患と言います。病院等と連携しながら、診療を行います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME